にんげんのおへそ (新潮文庫)

最近のものから、ちょっと懐かしいものまで 出演作品・商品を集めました。高峰秀子さんの活躍を再確認★
にんげんのおへそ (新潮文庫)
高峰秀子 にんげんのおへそ (新潮文庫)
2011-12-24
新潮社

前のページへ
次のページへ

にんげんのおへそ (新潮文庫)レビュー

貴田庄高峰秀子 人として女優として
また、『娘・妻・母』(成瀬巳喜男1960)について、当時の週刊誌は、出演した俳優のギャラについて、「高峰秀子と原節子が最高の300万、最近人気をめきめき上げている仲代達矢が120万、宝田明、加東大介、淡路恵子が100万、三益愛子と ...dekology-高峰秀子の足跡を辿る 熱演だなんて書かれるのは恥
高峰秀子-人生には、ときたま大掃除が必要です". 高峰さんの演技論や俳優論を読むと、職業意識が非常に高く、本当に女優業が嫌いだったのだろうか?と思ってしまいます。著書には嫌々、仕方なくやっていたように書いていますが、実際の ...

高峰秀子 > 高峰秀子出演作品 > にんげんのおへそ (新潮文庫)




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン

[0]トップへ
(c)entama.info